第18回公演「カーラヂオが終われば」
2006年11月 23〜26日 @武蔵野市立吉祥寺シアター
【 CAST 】
阿部英貴 / 佐藤貴也 / 斉藤範子 / 島村比呂樹/ 土橋建太 / 伊奈稔勝 / 米田弥央(カムカムミニキーナ)/
枝元萌(ハイリンド)/ 田澤佳代子 / 吉田祐未 / 檜山豊・与座嘉秋(ホーム・チーム)
【 STAFF 】
演出:石山英憲 映像:照山明 舞台美術:田中敏恵 大道具:泉真 照明:榊美香((有)アイズ) 音響:井川佳代
舞台監督:野口研一郎(オフィスダミアン) 舞台監督助手:甲賀亮 舞台協力:松下清永(鴉屋)
衣裳・小道具:MORIKO 衣装協力:加治真理 演出助手:田中千佳子 音楽:佐々倉有吾
宣伝美術:工藤道絵 レイアウト:森川貴子 宣伝記事・編集:松永恵里子 カメラマン:坂田正代
制作:高橋祐紀乃、中村真弓、阿部里織、鈴木巴 当日制作:田中絵美(J-Stage-navi) / 皆川小百合(J-Stage-navi)
製作:野村史 企画製作:株式会社ガイプロジェクト 協力:株式会社マセキ芸能社 主催:TBSラジオ

【 あらすじ 】
合宿免許で集められた愛すべき人間達が、うだつのあがらない旅館で繰り広げる、なんてことのない事件簿。そこには、異種多様な人々がそれぞれの想いを秘めて、みな「免許」という同じものに向かって切磋琢磨していた。「免許一つで人生が変わることだってある」。作。演出を務める石山が、実体験をもとに描いた、劇団子史上、もっともこだわっている作品で,今回で3回目の上演になる。
この作品は2006年8月に、フジテレビ「劇団演技者。」にてドラマ化、その経緯で、出演に、ドラマにも出演していたホーム・チームをむかえ、かなりコメディーにウェルメイドな作品に仕上がった。

映像を見る