ホーム
「公演情報」更新![2018.05.01]


★25周年記念公演、ご挨拶
劇団創立25周年記念に向けて
主宰よりご挨拶

劇団を旗揚げしてから25年が経ちました。
当時の僕は単なる暇つぶし程度にしか考えていなかった。
きっと周りの仲間もそうだ。
卒業する頃にはまるで何も無かったかのように
劇団を立ち上げた事すら忘れているだろうって。
そしていざ卒業という時、やっぱり劇団活動をお休みした。
僕はテレビ番組制作のADになった。
仕事は大変だったけど楽しかった。
盆も正月もなく働いたので、ある程度のお金も溜まった。
何一つ不自由無い暮らし。安定した生活。やり甲斐のある仕事。
きっとこのままテレビの世界で生きていくんだろうなって。
ディレクターになってプロデューサーになって・・・

ふとした休みの日。僕はとある劇場で知り合いの芝居を見た。
好きな芝居ではなかったけど、舞台上で躍動する知り合いを見て
凄く羨ましく思った。観劇の間ずっとワクワクしてた。
そう、見ながらずっとワクワクしていた。
テレビ番組を創るよりも芝居を創っていた時の方が
ワクワクしていた自分に気づいてしまい
僕は制作会社を辞めた。

学生時代、僕の芝居を見に来てくれていた仲間は
歳を重ねる度に少なくなっていった。
チケットの値段が高くなる度に作品への批判が多くなった。
沢山の時間を共に過ごした劇団員は次々に入れ替わった。
楽しい事よりも辛い事の方が多かった。
それでも劇団を続けてきたのはずっとワクワクしていたいから。
不安定極まりない生活も、理不尽だらけの人間関係も
全部ひっくるめてワクワク出来る。それが劇団。

心ない大人や家族、そして友達にもお前のやってる事は遊びだと呆れられた。
色んな人に迷惑かけつつ、沢山の人に支えられながら
それでもやり続けていたらいつしか「大したもんだ」と言われるようになった。
きちんとした社会生活を過ごせているかと問われたらそうじゃないかもしれないけど
でも僕は未だに劇団を超えるワクワクに出会えてないから
だからもう少し続けてみようと思う。
考えてる事がまるで子供だとバカにされるかもしれないけど
ワクワクを本気で追求した先に、まだ見ぬ地平がある気がしてならないのです。

そんな記念すべき25周年公演に選んだ題材は「劇団」です。
思いが強過ぎて逆に創るのが不安になるけど
今これを描きたいと思っている自分自身に
僕はとてもワクワクしているのです。

Theatre劇団子 主宰 石山英憲


次回公演「どのツラ下げて」の詳細は公演情報ページをご覧ください。


☆『ジェットコースターが終われば』全編公開!!
前回公演『ジェットコースターが終われば』をyoutubeで全編公開開始しました!
劇場で観た方もまだ観てない方も…ぜひご覧ください!


☆Instagramやってます!
劇団員や稽古の様子をInstagramでお届け!
ぜひフォローをお願いします!>>>https://www.instagram.com/gekidango/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

☆「トウキョウの家族」「セリフを下さい」youtubeにて全編公開中!!
復活公演「トウキョウの家族」、そして「セリフを下さい」の2作品がyoutubeで全編公開中です。
今後も劇団子の活動の様子を随時配信予定!




☆Theatre劇団子ポカリ鬼ガチダンス踊ってみた!


youtubeチャンネル[Theatre劇団子]⇒https://www.youtube.com/user/dangofan
チャンネル登録もぜひお願いします!